HOME>イチオシ情報>興味や関心をもとに専門性を追求することができる

美容師以外の活躍できる場所

ペンタブレット

昔は美容専門学校を出た後は、美容師として活躍する人がほとんどでした。たしかに、美容師国家試験に合格すれば、美容師としての道が拓けるわけではありますが、近頃は美容師に求められるものが多様化しています。そうした社会的な状況を鑑みて、美容専門学校ではトータルビューティーに力を入れています。エステや着付け、そしてメイクの技術を幅広く専門学校で学ぶことで、活躍できる場所を広げることを可能にしています。実際に、専門学校の卒業生はヘアサロンの勤務のみならず、エステティシャンやメイクアップアーティストと幅広く活躍をしています。カリキュラムが充実しているので、選択肢が増やせます。

アートメイクを学ぶ

ペンタブレット

トータルビューティーを学べる美容専門学校では、将来的に映画や特撮で活躍することができるアートメイクを学ぶカリキュラムが注目されています。たしかに、アートメイクは特撮や映画業界では以前にまして必要とされるようになり、専門学校の卒業生たちがそういった業界で活躍しているのも事実です。特に、特撮では年々スキルが向上していて、CGを用いることなくアートメイクのみで撮影をすることができるようになり、技術的な進歩が著しい分野であると評判です。

学んだことを生かして活躍の場を広げる

ペンタブレット

学んだことを生かして活躍の場所を広げることができるのが、美容専門学校で学ぶことの強みとなっています。在学中に様々なカリキュラムに触れることで、自分の興味や関心を引き出します。1年次はトータルビューティーについて総合的に学んだ上で、2年次からはそれぞれに専門性に特化した授業を選択していくことになります。自分の興味や関心、そして将来の進路を考えながらカリキュラムが選択できる制度が、専門学校にはあります。

広告募集中